古い家のリノベーションは埼玉の木の家設計室アトリエ椿へ|自然素材の家について

素材の選び方 -内側から人と家を守る自然素材-

素材の選び方 -内側から人と家を守る自然素材-

家を建てるときに、住む人の健康と、家そのものの耐久性を考えると、自然素材にたどりつきます。

コストや作業時間など、無垢の木や漆喰の壁には取り扱いの難しいイメージがあります。
しかし、時間と手間をかけた素材と仕事には、確かな安心感と、時間とともに「深み」が増していく良さがあります。また、自然素材にはそれぞれ表情があり、素材から選んでいく空間づくりは、長い愛着と深い満足をもたらしてくれます。

高温多湿による結露や乾燥まで、四季のある日本での建築物は過酷な条件にさらされます。

最近では建物からくる健康被害も問題となっています。

健康面からも、建物の寿命を延ばす上でも、湿気を吸放出する素材を使うことが有効な対策となります。特に広い面積を占める床、壁、天井、ここにどんな材料を使うかで家の性能は大きく変化します。一部分でも取り入れると部屋の空気が変わってきます。

素材の選び方 -内側から人と家を守る自然素材-

建材の場合、合板類など化学物質の放散量によってランク分けされ放散量が最低のF☆☆☆☆(フォースター)が主に使われていますが、これは放出量が少ないというだけで0ではありません。建物全体に大量に使用すれば、人体に影響を及ぼす程度まで濃度が濃くなることは十分に考えられます。職場や学校を考えると、人は活動時間の80%以上を建物の中で過ごしています。化学物質は微量でも身体に悪影響をおよぼしますが、学校などでも吸っていることを考えると家の中では安全な素材を使うことが健康を守ることにつながります。

住む人の健康と建物の寿命を大きく左右するのは、基盤となる素材にいかにこだわるかが大切です。
特に床下や壁下地といった建築内部は簡単には取り替えられません。そのような場所にこそ、安心できる素材を選びたいところです。また、フローリングなど直接身体が接する部分に国産の木材などを使うと、触れて暖かく、不快な湿気や静電気も和らげてくれるようです。

人と住まいにとって一番の安らぎ。住まいに自然素材を取り入れませんか?

page top

職人のぬくもりを持つ「手刻み」の家でより安心な住まい

職人のぬくもりを持つ「手刻み」の家でより安心な住まい

構造は家を支える骨組み。どんなに外観が美しい家でも、構造がしっかりしていなければ良い家とは言えません。
木造住宅の建て方は、構造材である木材を工場でプレカットし工期を短縮するのが一般的です。
「アトリエ椿」では、大工が下小屋で柱・梁を直接加工していく「手刻み」をご提案いたします。

大工さんが一本一本の木のねじれや癖、特徴を見て、適材適所で組み合わせを考えていきます。
そうすることで、接合部がしっかり固まり、安全性が抜群に高まるのです。

木は経年変化します。
長年の間に木が痩せてくることを考えた時、ボルトやプレートといった金物を入れる前からしっかり組みあげている「手刻み」の家は、30年後、40年後に大きな差が出てくるのです。

美しい構造は内部だけでなく、そのままインテリアの要素にもなります。
職人が削った木肌をあらわしてみたり、面白い木目の木を探してみたり、ご自身のルーツとなる地方の木を大黒柱にしてみたり…。
そんな遊びを取り入れられるのも手づくりの木造建築ならではの楽しみです。

自然素材を使用したオリジナルの空間に、さらにあなたが選ぶ一本の木を添えてみてはいかがでしょうか。

page top

家の性能 ・ コスト ・ デザイン

快適に暮らすために、家にはいろいろな性能が求められます。
地形や土地の風土に根ざした形と、その人自身の暮らし方に合った空間づくり、自然の通風や太陽のエネルギーを取り込めるような設計が重要だと考えています。
アトリエ椿では、風通しの良い日本の伝統的な住居と現代の技術を融合させ、住む人も環境にも良い四季が感じられる暮らしをご提案いたします。

家の性能 ・ コスト ・ デザイン

形態は機能に従う。

これはアメリカの高名な建築家、ルイス・サリヴァンが残した言葉です。
機能とデザインは不可分なもの。
性能・コスト・デザイン、立地条件や建て主さんの要望に合わせて最適な形を探っていきます。
また、設計と施工、両方が機能して初めて計画通りの性能が発揮されます。現場とのチームワークも大切にしていきます。

page top

伝統の技を生かす -独自の技や美意識を持った職人とのコラボレーション-

伝統の技を生かす -独自の技や美意識を持った職人とのコラボレーション-

ざっくりとした質感の左官壁や繊細な手作りの建具など、はっとする美しさがあります。
40年位前までは当たり前だった手仕事も、いつの間にか贅沢なものと受け取られるようになってしまいました。
しかし、高い技能を持った職人さんもまだまだたくさんいます。
自然素材を使った手仕事は、均一的な工業製品と比べ複雑な質感があり、見た目の美しさだけでなく五感を癒す体験をもたらします。

page top

共につくる ・ 考える

page top

健康な住まいづくりへの25の指針

バウビオロギー(baubiologie)とは環境と居住者と関係をホリスティック(全体的)な視点で捉えるユニークな学問です。医学的に建材と身体の関係を実験データを基に分析する分野もあれば、デザインの調和がもたらす心理的効果、乳幼児の部屋にふさわしい色彩は、など生理的分野、建築工法や建材のエコロジーなど幅広く取り扱っています。

高い理想を掲げているので実現するのが難しい部分もありますが、建物を設計する上で基本となる考えが多く含まれています。私もなるべくその指針に沿った住まいをつくりたいと思い、2007年頃から研究会に参加し勉強しています。

バウビオロギーの基本概念は次の25の指針にまとめられています。

健康な住まいづくりへの25の指針

※クリックすると別ウィンドウで表示されます。

page top

090-6046-4649 9:00~17:00 mail form

information

木の家設計室 アトリエ椿
■ 柏ヘッドオフィス
〒277-0063
千葉県柏市西山2丁目21-9
■ 久喜オフィス
〒349-1124
埼玉県久喜市佐間223-1
築50年・築40年・築30年などの古い家のリノベーションをお考えなら「木の家設計室 アトリエ椿」
ライフスタイルに合った快適な住居、健康に配慮した住居、お客様のご要望をお伺いいたします。
埼玉県を中心に、古民家のリノベーションについてお考えでしたら、お気軽にご相談下さい。
  • 9:00~17:00 090-6046-4649
  • mail form

対応エリア

埼玉県を中心に周辺地域で対応が可能です。

弊社では、埼玉県を中心に周辺地域で対応が可能です。
※地域によっては交通費が発生する可能性がございます。
まずは、お気軽にご相談下さい。
>>お問い合わせはコチラから。
 

facebook
進行中のプロジェクトや住まいに関する情報、現場の様子やイベント情報もアップしていきます
blog
「住まいと健康」についての情報や木造住宅の耐震性など「住まいの基本性能」についての総合サイトです。
新築・リフォームをする時のお役に立ち情報をまとめています。

pagetop