古い家のリノベーションは埼玉の木の家設計室アトリエ椿へ|台風一過・・家のメンテナンスに不安はありませんか?

 

台風一過・・家のメンテナンスに不安はありませんか?

2019/09/10

8日深夜から早朝にかけて、台風15号が関東を直撃しました。

 

私の住む千葉県も台風のルート上に位置していたため、

昨年秋の台風に匹敵するくらいの強い風と吹き付ける雨に

眠れない夜を過ごしました。

 

実は私の家でも、昨年秋の大型の台風20号では

飛んできたトタン屋根で車が傷だらけになるという

痛~い被害を被っております。

 

 

台風による被害といっても、

ケガや人命に関するものの場合は、災害の規模により、

どうしても避けられない部分があります。

 

それに対して家や家財の被害の場合は、

台風の前の点検や日ごろのメンテナンスで

受ける被害、そして修繕のコストが大きく違ってきます。

 

具体的には・・

 

外壁・屋根周りの腐食している釘、

古くなって釘が効かなくなっている木部、

サッシ周りのコーキングやサイディングのシーリング、

時間が経過すると必ず塗装などのメンテナンスが必要な屋根材・外装材などが

点検の対象です。

 

後から取りつけたポリカーボネートやトタン(波板)の庇、

小規模な倉庫や物置、

こういったものも劣化が早いので

強風であおられて屋根が飛ぶ、壁が剥がれるなどの被害が多く出ています。

 

また、庭の樹木も、剪定していないものは

枯れた枝などもそのままで、葉も大きく茂っています。

なので、風の影響をまともに受けてしまいます。

 

家の本体だけでなく、外部の物置や樹木も風の被害を受けないように、

事前にチェックしておきたいですね!

 

 

風の災害の場合、

近隣に迷惑をかけるのも

避けたいことです。

 

台風などの自然災害で近隣に被害を及ぼした場合は

法的には補償の義務はありません。

 

例えば自分の家の瓦が飛んで、隣の家のガラスを割ったとしても

自然災害では弁償しなくていいんですね。

 

でも・・

それは、あくまでも法律上であって、

やはり今後のことを考えると、知らんぷりという訳にはいきません。

 

実際は、実費で工事費を負担するといった場合の方が多いかと思います。

 

お金の問題もありますが、

やはり、それがきっかけでご近所問題に発展してしまうのも

避けたいことです。

風で飛びそうなものはしまっておく、

家の劣化している部分は早めに修繕するなど

心がけたいですね。

 

これから本格的な台風シーズンに突入しますので、

家のメンテナンスや修繕は早めのタイミングで!

不安な時や、点検してくれる工務店などがいない場合などには

どうぞお気軽に、アトリエ椿までお問合せ下さいね。

 

 

090-6046-4649 9:00~17:00 mail form

information

木の家設計室 アトリエ椿
■ 柏ヘッドオフィス
〒277-0063
千葉県柏市西山2丁目21-9
■ 久喜オフィス
〒349-1124
埼玉県久喜市佐間223-1
築50年・築40年・築30年などの古い家のリノベーションをお考えなら「木の家設計室 アトリエ椿」
ライフスタイルに合った快適な住居、健康に配慮した住居、お客様のご要望をお伺いいたします。
埼玉県を中心に、古民家のリノベーションについてお考えでしたら、お気軽にご相談下さい。
  • 9:00~17:00 090-6046-4649
  • mail form

対応エリア

埼玉県を中心に周辺地域で対応が可能です。

弊社では、埼玉県を中心に周辺地域で対応が可能です。
※地域によっては交通費が発生する可能性がございます。
まずは、お気軽にご相談下さい。
>>お問い合わせはコチラから。
 

facebook
進行中のプロジェクトや住まいに関する情報、現場の様子やイベント情報もアップしていきます
blog
「住まいと健康」についての情報や木造住宅の耐震性など「住まいの基本性能」についての総合サイトです。
新築・リフォームをする時のお役に立ち情報をまとめています。
ショールーム
実際の家のイメージとしてはショールームにしている事務所をご活用ください。

pagetop