古い家のリノベーションは柏市の設計事務所「木の家設計室アトリエ椿」へ|柏市【土間のある家】手刻みの家・上棟しました

 

柏市【土間のある家】手刻みの家・上棟しました

2020/12/04

昨年から取り組んでいた住宅【土間のある家】。今週、無事に上棟いたしました。

 

朝早くから始まりました。

 

1Fの柱から建てていきます。

 

番付の記入された柱。

 

通常の住宅の構造材は【プレカット】といって、90%以上の場合、工場でカットされて現場に搬入されます。

対して、こちらの家は【手刻みの家】。大工さんが1本1本刻んでいます。

(穴が足りなかったので現場で刻んでいます。)

 

プレカットの家との大きな違いは、接合部の強度です。きつめに勘合するように刻んでいますので、金物を取り付ける前から構造がしっかりと固まっています。

 

 

掛矢(かけや)という大きな木槌を使って組み立てていきます。気持ちの良い音が現場に響いています。

高いところで作業をするので、体幹がしっかりとしていないとこういう仕事はできませんね。