古い家のリノベーションは柏市の設計事務所「木の家設計室アトリエ椿」へ|【子供部屋のインテリア】幼稚園~小学校低学年に向けての部屋づくり

 

【子供部屋のインテリア】幼稚園~小学校低学年に向けての部屋づくり

2021/09/07

9月になりました。

娘の通うこども園(幼稚園と保育園のハイブリッド型の園)では、登園制限はないものの自粛要請が出ています。

学区内の小学校も時短登校になっていますし、子供が家にいる時間が増えるであろうこの先のことも考え、少しでも暮らしやすくなるように子供スペースのレイアウトを整えました。

 

リビングに併設された和室を使っていますので、女の子の部屋にしては少々可愛らしさには欠けるかもしれませんが、「収納しやすさ」や「安全性」、そして小学校に上がるので「落ち着き」を考えてレイアウトしています。

 

今日はその一部を紹介します。

 

子供部屋のレイアウト

 

子供スペースをリビングから見たところです。

和室は引き分けの襖で仕切れるようになっていますが、普段は開け放しています。

 

背の低い本棚(高さ95㎝ほど)で部屋を緩やかに仕切っています。棚は下の方は本棚、中間から上はおもちゃや道具の場所にしています。

本の収納としては天井までの本棚が欲しいところですが、6畳の和室に置く場合の圧迫感や地震の時の安全性を考えてこの程度の高さのものに落ち着きました。

 

遊びのスペース

収納で仕切った奥におこもりスペースを作りました。

日々大量に生産される工作なんかもこちらに置いて、リビングから見えないようにしています。